痛くないけど効果が出ると評判の脱毛サロン徹底調査ヾ(´ω`) > 未分類 > フラッシュ脱毛の痛み| 痛くないけど効果が出ると評判の脱毛サロン徹底調査ヾ(´ω`)

フラッシュ脱毛の痛み| 痛くないけど効果が出ると評判の脱毛サロン徹底調査ヾ(´ω`)

基本的に大手脱毛サロン(ミュゼプラチナム、銀座カラー、脱毛ラボ など)はフラッシュ脱毛を用いて行っております。
そして、このフラッシュ(光)脱毛には2種類あります。
それが、IPL脱毛とS.S.C.脱毛。

IPL脱毛 S.S.C.脱毛


黒い色のメラニン色素に反応する器械。IPLの光を強くするとレーザー脱毛で使用されている脱毛の方法になります。
(エステサロンではレーザーを扱うことができないため、光の出力を下げた状態で照射するという行為をおこなっています。)


クリプトンライトという光の種類で施術を行う器械。
イタリアで研究開発された脱毛器で、美肌にも効果があるとされています。
この脱毛器を開発した会社が開発をした、ビーンズジェルというジェルを塗ってから照射することで、肌への負担を軽減するとされています。


IPLは、毛の組織を破壊する行為を行う脱毛方法。
S.S.C.は、抑毛ジェルを塗ってから照射をする、毛の成長を抑える方法。
と、同じフラッシュ脱毛でも毛への働きかけ方がちがいます。
※ミュゼや脱毛ラボで使用しているS.S.C.は、毛根を破壊するのではなく、あくまでも抑毛させること。抑毛ジェル(化粧品)を肌に浸透させる、という美容行為になります。
そのため、光の強さに関しては、IPLの方が強いと言えます。

フラッシュ脱毛の痛み

そもそもの光の出力が少ないため、痛みがそれほど感じることがないのがフラッシュ脱毛の特徴。
それぞれのサロンのホームページでも、
「ほとんど痛みがない」
「軽く一瞬感じる痛み」 など、痛くない脱毛をうたっています。
また、S.S.C.脱毛ならば、特に肌への負担がないため、デリケートゾーンにはこちらの方が向いているとも言えます。
痛みも肌へのダメージも少ないのがフラッシュ脱毛の特徴のため、ニードルやレーザーで挫折をした人や、脱毛に不安がある人などは数多くフラッシュ脱毛を選んでいるようです。

サイト管理人の体験談
どこのサロンも安いので、ミュゼ、脱毛ラボ、銀座カラーと全て通っていた時期がありました(笑)
一度ニードル脱毛を体験した私としては、痛くなさすぎて拍子抜けしてしまったくらい!
ただ、毛が太いVラインなどは、2回目以降は輪ゴムではじかれたような痛みが感じられました。
でも全然耐えられる痛みだし、痛みよりも気になったのはジェルによる寒さの方!(笑)
そのくらい痛くない脱毛なので、脱毛の不安がある人や、一度挫折してしまった人でも安心してチャレンジできる脱毛方法です!

フラッシュ脱毛を選ぶのメリット

痛みがほとんどない脱毛方法

部位や、その日のコンディションによって痛みが変わってくることもありますが、パチン、という軽い痛み。
“脱毛はとっても痛い”という印象を払拭してくれたのがフラッシュ脱毛です。

照射面積が広く、施術時間スピーディー!

ニードルが、両ワキだけで1時間以上かかるのに比べ、フラッシュ脱毛は、両ワキなんと3分で施術完了!
寝ている暇も恥ずかしがる暇もなく、あっという間に終了します。
だから、買い物やデートの前にちょっと寄っていこう、というスケジュールも立てられるのが多くの女性に選ばれているポイント!

フラッシュ脱毛のデメリット

日焼けをしてはいけない!

黒い部分、メラニンなどに反応するフラッシュ脱毛は、日焼けしている肌に照射をすると、肌の方にも反応してしまい、火傷状態になってしまいます。
肌にダメージを与え施術が受けられないといわれてしまう可能性大。
夏は特に紫外線を浴びやすい季節のため、日焼け防止を心がけて過ごさなければいけません。

フラッシュ脱毛のまとめ

痛さに抵抗があるけれど、脱毛をしてみたい!という方は、フラッシュ脱毛がおススメ!
根気よく、長く通うことが求められますが効果も現れやすく、肌への負担も少ないため体験だけでも行ってみてはいかがでしょう。