痛くないけど効果が出ると評判の脱毛サロン徹底調査ヾ(´ω`) > 未分類 > 日焼け 脱毛

日焼け 脱毛

脱毛をするときには日焼けは厳禁ということを良く聞きます。

自宅でカミソリや毛抜きを使用する脱毛をするときには、それほど気にしなくても良いですし、わきの下などの脱毛に関しては、神経質になる必要はないとされています。
しかし、日焼けする部分の脱毛にかんしては、気をつけなくてはならないとされています。

なぜ、日焼けと脱毛は相性が悪いかというと、いくつか理由があります。
日焼けは一種のやけどです。
水分が極端に少なくなって、乾燥状態になります。そこに、脱毛の施術を行なうことで、より一層の痛みを感じることになります。

機械で脱毛をする場合、毛の色の“黒”に反応するものがあります。
ということは、日焼けした肌をムダ毛と察知し、痛みが大きくなります。
日焼けした肌には、多くのメラニンがあります。機械は、そこに過剰反応します。
多くのメラニンということは、反応があちこちに分散してしまいます。ということは、脱毛の効果が低下してしまいます。

日焼け後の肌に、脱毛などの刺激を与えることで、肌が傷んだり、老化が進むとされています。
こうした理由から、脱毛をする前や下直後に日焼けはしないように言われています。

脱毛サロンに予約した際には、日焼けの注意事項は指摘されます。
2週間前くらいから、日焼け禁止が言い渡されることになることが多く、すでに日焼けをしてしまった場合は、痛みが激しく感じることもあります。
脱毛サロンによっては、脱毛開始を遅らせることもあります。
効果の低下、痛みなどの心配があるからで、脱毛そのものに後悔をさせない配慮もあります。

ですから、脱毛をしようというときには、秋から冬がベストだとされています。
来夏に向けてのムダ毛処理という意味もありますが、日焼けをしない時に安心して脱毛をしてもらおうという事になります。

脱毛サロンでの脱毛をお考えの方は、日焼けに関しては、慎重な行動をすることをオススメします。
日焼けをしない事は鉄則だと思ってください。