痛くないけど効果が出ると評判の脱毛サロン徹底調査ヾ(´ω`) > 未分類 > 痛みを我慢する脱毛はもう古い!

痛みを我慢する脱毛はもう古い!

昔は脱毛というと、ニードル脱毛でした。ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電流を流し、毛の元を弱らせて再生を遅くする方法です。
しかしこの方法は、毛穴に針を刺すので聞いただけでも痛みが伝わってくるような過酷な脱毛方法でした。また値段もワキだけで十万円代というので、
痛みに我慢できないのと痛みの割に高額な価格であるため、途中リタイヤする人がとても多かったのです。

しかし、今の時代はそんな痛みを我慢する必要も、高額なお金を払う必要もないのです。
今はハイパースキン法と言って光を当て、毛の元にある毛の種にアプローチします。それによって毛が生えにくくなるのです。
現在生えている毛は自然に抜け落ちるので、無理なく脱毛することができます。
施術は光を当てるだけなので、痛くも痒くもなく3歳の子供でも施術することができるのです。

昔は痛みを我慢して行っていた脱毛も、今は何も感じないでできるので、痛みを怖がることなく誰でも気軽に受けることが可能になりました。
価格も痛くないから高くなったというわけではなく、むしろ昔より断然安くなったので、脱毛する人も多くなりました。

また、脱毛だけでなく、美肌効果も期待されるので、
脱毛は痛いという考えは古く、どんどん進化しているのです
。ということで脱毛の概念を覆し、今は子供も脱毛を受ける時代となったのです。